NICE RAINBOW BLOG

2008年12月27日

「そらそい出演者と行く、“ハワイ国際映画祭”感動ツアー」レポート8

ナイスレインボーのハワイ国際映画祭ツアーも無事終わり、
監督陣はオアフ島からカウアイ島へ渡った・・・

ここからは出演者達のいない大人の旅・・・

オアフでの刺激を心に浸透させる為の旅・・・


Hawaiimovie6.jpg

2008年12月19日

「そらそい出演者と行く、“ハワイ国際映画祭”感動ツアー」レポート7

『レポート7 〜不意に来た癒しタイム〜の巻』


(ワイキキ最後の朝)


<10月19日>
イルカツアーの際、勢いで申し込んだスタンドアップカヌーをやるため、
みんなで早朝ホテルを出発し目的地へ向かった。

途中ワイキキで有名なレオナルドという揚げパンみたいな"マラサダ"
のお店に立ち寄り、朝食を購入。
美味しかったからなのか、なぜか三木監督はTシャツまで買ってる・・・

なんだか響きのいい“マラサダ”をほお張ってると目的地へ到着。
そこで我々が見たのはたくさんのサーフボードとオール。

みなここで合点。
「なんだ、カヌーじゃないんだ〜」
個人的には「カヌーで激流下り・・・それを立って!?」
とわくわくしてたので、少し意気消沈。

が、やってみるとなかなか奥が深い!
静寂の中、緑に囲まれた川をゆったり進んでいると
なんだかハワイの大自然につつまれたような感覚になり、
とっても癒されるスピリチュアルスポーツだった。



川というものは海につながっている・・・

みんな海に出た途端立ってられず、座って波と格闘。
しまいにゃオールを捨て普通にサーフィンを楽しんだ。




(女子に埋められて恍惚の表情の三木監督)


この後「山のあなた」上映がある為、
スパッと仕事モードに切り替え、会場へ向かい、舞台挨拶と鑑賞。

そして映画祭最後の夜、あんなことやこんなことをして
過ごしました。

<まだあった!ハワイ映画祭ツアー「カウアイ島」篇 近日アップ!>

2008年12月12日

「そらそい出演者と行く、“ハワイ国際映画祭”感動ツアー」レポート6

『レポート6 〜イルカは速い〜の巻』


(青い海!)


<10月18日 観光Day>

この日は上映もなく、朝からみんなでイルカツアー!
オアフの西海岸に向けてバスで出発。

西海岸はワイキキとは違い観光客もいなく、何だか景色がオアフっぽくない・・・
そんなことを考えながら船に乗って、沖へ向かった。

10分ほど沖へ進むと、イルカ発見!
みんな泳ぐ泳ぐ。イルカ逃げる逃げる。

みなイルカやウミガメを間近に見られて大興奮。
なぜかツアーのお姉さんもめちゃめちゃ興奮してる・・・

イルカツアー終了後、ツアーのハイテンションお姉さんから
「明日スタンドアップカヌーをやりませんか?」
と誘われ、「カヌー?やりたい!」ってことになり、
急遽翌日にやることになった。

ところが、カヌーといっても“スタンドアップ”・・・
この時はまだ、スタンドアップの意味を考えていなかった・・・

<次回最終回!お楽しみに>

2008年12月08日

「そらそい出演者と行く、“ハワイ国際映画祭”感動ツアー」レポート5

『レポート5 〜ラジオ出演〜の巻』

(ランチ)

<山のあなた上映日>

実は昨日のそらそい上映後、スタジオRIMというハワイのラジオプロダクションから
石井監督への出演依頼がきて、急遽ラジオ番組に出演することになってしまった。
何が何だかワケもわからないまま、みんなで出演しちゃえということになり、
収録場所へ向かった。

スタジオRIMはハワイの最新情報やハワイアンミュージックを日本のFMラジオへ
配信しているプロダクションで、この日はちょうどInterFMとJ-WAVEで流れる番組を
収録していた。


(日焼けしたくないアイアイと頭だけ日焼けしたくない斎藤)


プロデューサーのレイコさんがとってもいい人で、「山のあなた」と一緒に「そらそい」
についても触れてくれて、出演者達もラジオ出演を果たした。
もちろん日本で流れたので、帰国後みんなドキドキで放送を聴いたとか。
HawaiiMovie4.jpg


18:00から「山のあなた」上映の為、みんなで会場へ。

ざわめく会場内へ入ると、観客は大入り。
ご年配の方が多めだが、幅広い観客層の方々が来ていた。

ハワイには根強いファンがたくさんいるためか、石井監督の知名度は高い。
「山のあなた」のチケットも結構売れたようで、嬉しいかぎりです。

舞台挨拶は石井・三木監督の二人で上映前と上映後におこなった。
HawaiiMovie5.jpg

上映後、会場にアメリカ人気ドラマLOSTの出演者がいて、LOSTファンのオースミ監督が興奮しまくっていた。


毎日濃すぎるのか、ホテルに戻ると、女子部屋ダウン・・・

<次回、ついに出演者達の水着姿が?>

2008年11月18日

「そらそい出演者と行く、“ハワイ国際映画祭”感動ツアー」レポート3

『レポート3 〜アイ ラブ ハワイ〜の巻』

 (移動中の港風景)

<そらそい上映日>
お客さんがいるかドキドキしながら会場へ入った我々を待っていたのは、
バカでかいスクリーンとたくさんの観客!「え?あっアロハー!」

監督陣と出演者は、入ってすぐに前に呼ばれ、舞台挨拶。
出演者たちは緊張と英語が話せないためか、挨拶原稿をつくってたのに
なぜか中1レベルの英語で挨拶。

ハッキリしたカタカナで「アイ ラブ ハワイ!」「アイ ラブ ユー!」
会場が一気に笑いの空気につつまれる。

Hawaii-Movie02.jpg

上映中、かなり笑い声が聞こえていたので、どうやら大好評のようす。
「えっ?ここで笑うんですか?」も多くあり、勉強になりました。
出演者もチラチラ後ろの観客の表情をみてはニヤニヤ。

とにかく観客の感想を聞けた出演者達は大満足。
石井・三木・オースミ監督陣も確かな手応えを感じ、会場を後にした。

帰りも興奮しまくる出演者とそれにつられてテンションの高い監督陣は
迷わず夕日を見にビーチへ。

“絶句・・・”

さらに興奮した出演者たちは夕日バックで「そらそい」劇中のダンスを披露。
Hawaii-Movie03.jpg
最後は全員脱力状態・・・いい1日だった・・・

がっ!その夜さらなる興奮と非日常的体験が待っていた!
<つづく>

2008年11月14日

「そらそい出演者と行く、“ハワイ国際映画祭”感動ツアー」レポート2

『レポート2 〜モチ君大人気!〜の巻』

(ハワイの海に首ったけのアイアイ)

<ハワイ滞在2日目>
出演者チームもようやく落ち着き、ハワイの景色を朝から堪能。

この日は「そらそい」上映日。
15時からなので、それまでの時間を「グルメツアーだぁ」「買い物ツアーだぁ」
言ってる出演者チームを横目に監督陣は仕事。

Mid-Pacific Instituteという幼児から18才まで在籍しているハワイの私立学校から
特別講師として石井監督が招かれ、講義をおこなった。
Hawaii-Movie01.jpg

映像・アニメーション専攻の生徒達約30人(中学生グループと高校生グループ)
を相手に監督の仕事内容や作品の作り方を講義。
途中「HAL&BONS」を教材として上映すると、生徒達は釘付け。
特に中学生グループはモチ君が気に入ったらしく、終了後も「もう一度観たい!」
って盛り上がっていた。
やはりモチくん人気は万国共通!

講義は拍手につつまれ大成功に終わった・・・

が!講義終了14:35!映画祭会場までは30分はかかるので、15:00に間に合わない!
開始を少し待ってもらいつつ、急いで会場へ向かった。

5分遅れで何とか到着。
はたしてお客さんはいるのか? 
映画によっては観客が2,3人だけなんてこともある映画祭。
観客より出演者の方が多かったらどうしよう・・・
そんな心配をよそに、先に到着していた女子チームははしゃいでる・・・


みんな揃ったところでいざ会場へ。
そこで我々が見たものは・・・
<次回へつづく>

2008年11月10日

「そらそい出演者と行く、“ハワイ国際映画祭”感動ツアー」レポート1

2008年10月、ハワイ国際映画祭にて「山のあなた」「そらそい」が上映されました。
その模様を「そらそい出演者と行く、“ハワイ国際映画祭”感動ツアー」として、半分保護者だった私ヒラモトが数回にわたってレポートしていきたいと思います。

『レポート1 〜テンション低っ!〜の巻』

2008年10月15日(日本出国日)
ハワイ行きのメンバーはNice Rainbow(三木・石井・オースミ・平本)、そらそい出演者(桔花・牧野愛・佐藤真子・川口花乃子・飯高潤子・森岡龍)、録音部の斎藤義樹・そらそい専属スタッフ鈴木徳至の計12名。
仕事で行く監督陣とは違い、成田からハイテンションの出演者たちは一足お先に出国!

現地で合流し、とりあえず打合せ。
出演者たちがテンション低かったのでワケをたずねると、飛行機で盛り上がりすぎて一睡もしてないとのこと。
[日本時間午前5時]・・・たまに‘残念’な出演者たちです。


何はともあれ、朝の新橋駅を歩いている集団にしか見えないこの雰囲気を払拭すべく、絶景ポイントへ向かうことにした。
向かう車中も寝るか酔うかでハワイの綺麗な街並みを見る人少ない・・・

どうやらまだハワイに到着してないようなので・・・
マカプー岬!


みんなの徹夜明けの表情もふっとび、絶景に感動!記念写真撮りまくり!
新橋の集団から韓国ヨン様ツアーのおばちゃん集団へ変身。

こうしてやっと、みんなハワイへ到着した・・・
<次回へつづく>

2007年11月21日

ハワイ映画祭'07リポート 最終回

本日はハワイ国際映画祭'07リポートの最終回。

「SUPER FERRY PARTY」の模様をお伝えします!

ハワイ映画祭最終日のこの日。
例年であればシェラトンホテルを会場にした打ち上げパーティーだったのですが、
今年はなんとフェリー丸々一隻を貸し切ってのパーティー!

会場に入場するにも政府によるパスポートチェックがあったりして、
かなり厳重な入場制限がなされていました。

でも会場内はいつも通り。
和やかな雰囲気のもと、たくさんのHIFFフレンズと楽しい時を
過ごしてきました☆


ISHII KATSUHITO HIFF'07 REPORT -SUPER FERRY PARTY-



あ〜ハワイ映画祭は本当にいつも暖かい。
例年に比べ、予算が削減されているとの事で、
スタッフの皆さんもかなり苦労されていたようですが、
頑張ってこれからも盛り上げて行ってほしいものです。

そして、来年ももちろん行きますよ!
「山のあなた-徳市の恋-」をひっさげて!
     ↑
    熱望

では、また来年まで☆
MAHALO〜!!

  • posted by *ken*

2007年11月07日

ハワイ映画祭'07リポート その4

ハワイ国際映画祭リポート。
今回はいよいよ「ホクロ兄弟-フルスロットル-」上映の模様をお伝えします。

ハワイ映画祭のホームページと印刷物以外
コレと言った宣伝もないまま迎えた上映当日。

果たしてお客さんは来てくれるのだろうか?
いささかの不安がよぎる中、
三木カントクはホクロ兄弟の衣装に身を包み
いざ会場へ。

いったいどんな上映会になったのか、乞うご期待!!


ISHII KATSUHITO HIFF'07 REPORT -HOKURO BROTHERS Screening-



なんともハワイのファンは温かい。
これだから、石井カントク三木カントクも毎年くるんですね。

ちなみにホクロ兄弟はうちのホームページWORKSで第一話が視聴できます!
こちらも是非覗いてみて下さいね。

さて、次回はいよいよハワイレポート最終回
「クロージングパーティー」の模様をお伝えします。

お楽しみに!!

  • posted by *ken*

2007年11月05日

ハワイ映画祭'07リポート その3

石井克人監督、三木俊一郎監督と行くハワイ映画祭2007の旅。
本日はそのリポート第三弾です。

ハワイ映画祭が主催する社会貢献プログラムCLASS VISIT
前日の巨大私立高校KAMEHAMEHA高校に続き、
この日は地元の公立高校KAIMUKI高校を訪れました。

昨日とはうってかわって落ち着いた雰囲気のKAIMUKI高校
その中で''グラフィック''と''映像制作''を専攻する生徒たちへの
講義の模様をお送りします。


ISHII KATSUHITO HIFF'07 REPORT -KAIMUKI HIGH SCHOOL-



ここの生徒たちも講義には終止真剣。
でも、その姿勢にはどこか他にはない独特のおおらかさの様な
ものを感じました。
これも癒しの島と呼ばれるハワイのパワーに包まれて
暮らしているからでしょうか?

2つの高校を訪れ、生徒たちとの交流を通して石井カントク始め
我々も多くの事を学ばせてもらいました。

KAMEHAMEHA高校KAIMUKI高校の皆さん
素敵なクリエイターになって下さい!

MAHALO!

次回はいよいよ「ホクロ兄弟-フルスロットル-」上映日の模様をお伝えします。
お楽しみに!

  • posted by *ken*

2007年11月02日

ハワイ映画祭'07リポート その2

皆さんお待たせしました。
本日はカメハメハ高校での講義''後半''
お送りします!

ハワイ映画祭のCLASSROOM VISITプログラムで世界一大きい高校
カメハメハ高校を訪れた石井カントク
広大なキャンパスで散々迷ったあげく、ようやく教室にたどり着きました。

さて、そんな世界一の規模を持つ高校の教室とは・・・?
講義の内容はどんなものだったのか?
この後半で一気にお見せします!


ISHII KATSUHITO HIFF'07 REPORT -KAMEHAMEHA HIGH SCHOOL PART2-



さすがは世界一の高校の生徒たち。
講義に対する姿勢も、石井カントクの話への興味もピカイチでした!

さて、次回からは石井カントクが訪れたもう一つの高校。
Kaimuki高校での講義の模様や
ホクロ兄弟フルスロットル!!!公式上映の模様などをお伝えしていきます。

おたのしみに!

  • posted by *ken*

2007年10月29日

ハワイ映画祭'07リポート その1

皆さんこんにちわ!
今年も石井カントク三木カントクと共にハワイ映画祭にやってきました。

今回で5回目となる石井カントクのハワイ映画祭参加。
すっかり顔なじみとなった映画祭スタッフが温かく迎えてくれました。

これから数回に分けてハワイ映画祭'07のレポートをアップしていきますので
皆さんチェックして下さいね!

今回は第一回。
「石井カントク世界一の高校を訪ねるPART 1」の巻です。

ハワイ映画祭の社会貢献活動の一環である「CLASSROOM VISIT」というプログラム。
これは、各国から映画祭に来ているプロの映画製作者を地元の高校に講師として招く
というもので、石井カントクは一昨年前にも講師として選ばれ2つの高校を訪れました。

その講義が好評だったらしく、今年再び選出されたのであります。
今年も2つの高校からリクエストがあり、今回はその1つめの高校である
カメハメハ高校での講義の模様''前半''をお伝えします。


ISHII KATSUHITO HIFF'07 REPORT -KAMEHAMEHA HIGH SCHOOL PART1-



さあ果たしてこの後どんな講義内容になったのか?
続きは次回です。
皆さんお楽しみに!

  • posted by *ken*

2006年11月06日

ハワイ映画祭レポート その5

ナイスレインボー 一同無事に日本に戻ってまいりました!

途中ホテルが変わったのですが、そのホテルのネットの関係で途中からコラムの更新が出来ませんでした....。
そこで今日は向こうでの様子をちょっぴりお伝えします。

とある完全オフの日のレポートでっす。

本日はイルカ!!です。

今日は、ヴィート船長のドルフィンアドベンチャーツアーに参加してきました。
泳いでいるイルカを船から見るドルフィンウオッチングなどは聞いたことがあると思います。
しかし!!このツアーはイルカを見るだけではなく、実際に野生のイルカと一緒に泳いでしまおう☆という企画なのです。

とあるマリーナからエンジンを2つ付けた大きなゴムボートに乗り出発!
約50分ぐらい沖まで出ます。
すると、驚くほど近くに野生のイルカの群れが!!ボートのすぐ近くまで寄ってきてます。

そして、ここからがこのツアーの醍醐味。野生のイルカと泳ぐのです。
フィンとシュノーケルセットを貸してもらっていざイルカのもとへ。
ちゃんとヴィート船長がイルカに近づけるように船を回してくれます。
船の縁からいざダイブ!


驚くほど近くに野生のイルカが!まるで水族館の水槽に迷い込んだようです。

う〜うまく言葉で伝えられないのですが、とにかく興奮は最高潮です。

船から見ているとイルカの泳ぐペースはゆっくりのように感じるのですが、いざ近づいてみるととっても早く!!ついて行くのに必死でした。
でも、気づかぬうちにイルカたちは戻ってきてくれたりして、ふと気がつくと隣を泳いでいたり☆何とも神秘的な体験でした。

もう一度お伝えしますが、これは水族館の写真ではありません!!
実際に一緒に泳いだ野生のイルカさんたちです。

これ!絶対おすすめのアクティビティでございました。

  • posted by *KATO*

2006年10月30日

ハワイ映画祭レポート その4

昨日は、アメリカで大人気のアジアンカルチャー雑誌「GIANT ROBOT」から
取材を受けました。
インタビュアーはこの雑誌の発行人であり編集長でもあるMartin Won氏。
この「GIANT ROBOT」は刊行してもう10年以上になる程、アメリカでも固定の
ファンを持つ雑誌なんだとか。

で、インタビュースタート!
大好きな石井&三木カントクに会えて、少し緊張気味のマーティン氏。
DSC06862.JPG

少し''伊藤英明似のイケメン''マーティン氏、前日の「HAL&BONS」上映も見てくれたそうで、
かなりお気に入りの様子でした。インタビューも徐々に和やかに。
DSC06918.JPG
DSC06870.JPG
DSC06887.JPG

インタビュー終了後お互いに作品交換。
石井&三木カントクからは「ナイスの森」DVDとサウンドトラックを、
マーティン氏からはGIANT ROBOTのバックナンバーを。
お互いの作品にサインして・・・
DSC06910.JPG
DSC06914.JPG

最後にうちとけた3人がベランダでハイテンションショット
マーティンさん、ありがとうございました!
DSC06909.JPG

ちなみにこのGIANT ROBOT、雑誌だけでなく評判だったグッズを販売する店舗や
アートギャラリーまでやっているそう。近い将来レストランも始めたいとか・・・
楽しそうな会社!両カントクもかなり興味を示していました。
【GIANT ROBOT公式HP】
http://www.giantrobot.com/
DSC06917.JPG

2006年10月28日

ハワイ映画祭レポート その3

いよいよ「HAL&BONS」の上映本番!
モチ君世界進出の夢やいかに!!

会場の入りは上々。
さすがにハワイ、スタッフにも観客の間にも
ゆるーくなごやかな雰囲気が!
やっぱり「ハルボン」は気楽に観てもらうのが一番。
絶好の環境かも?

いよいよ本編がスタート!
OPの歌からすでに大きな笑い声が。つかみはバッチリ!
終始笑いが絶えない中、
旧作から新作へとモチ君のトークとテンションが
ヒートアップするにつれ、観客の爆笑度が増してゆく!
モチパンチのくだりが一番受けてるように思えましたが、
負けないくらい受けていたのは@×○△÷?
ご想像にお任せいたします。

上映終了後、はQ&Aに突入!
石井監督のトークもさることながら、三木監督による
モチ君実演には黄色い声が!
モチ君が世界に通じることを実感した瞬間でもありました。
最後はファンの方が求めるサインに監督たちも気軽に応じ
約2時間のなごやかなにして貴重な上映会も無事、終了!

DSC06850_2.jpg

DSC06858_2.jpg

ハワイのファンの皆様、映画祭スタッフの皆様、本当に
お疲れ様でした。
皆で喜びを分かち持つ意味で、アロハ!


2006年10月28日

ハワイ映画祭レポート その2

さてさて、こちらは快晴でございますよ。
そしてまた、夕日がきれいなんです。
こんな感じで!!
DSC00047.jpg


映画祭のほうも順調に進んでおります。
昨日は、コンペディション部門他の授賞式が行われました。
グランプリはインドネシアのアクションムービーで女性版パルプフィクションといった感じの作品でした。
(ごめんなさい、タイトル調べておきます・・・)

ちなみに2年前のグランプリは石井監督の「茶の味」でした!!

写真は授賞式後のパーティーにてです。
中央に君臨するのはハワイ映画祭のプログラマー、アンダーソンさんです。

DSC06826.jpg

彼と監督とはハワイ映画祭で知り合い、彼らが日本に来たときにも一緒に
お食事をしたりと、とても大切なスタッフです。
こちらに着いてから、彼とのスケジュールがあわず、この会場でようやく会えたんです!!

喜びもひとしお!

さてさてこれから私たちは、New Hal&Bonsの上映に行って来ます!

こちらのレポートは次回ご期待あれ☆

2006年10月26日

ハワイ映画祭レポート その1

今年もやって来ました「ハワイ国際映画祭2006」
石井カントクにとっては「鮫肌男〜」以来毎年参加の顔なじみスタッフたち。
とっても暖かく迎えて頂きました。

DSC06757.JPG

写真左から、少し引き締まって男前になった実行委員のトレバーさん、
''モチくん''こと三木カントク、チケットを手配してくれたシャンタルさん(私はメールでずっとだと思い込みDear Mr.・・・とやりとりをしていました。失礼しましたっ!)、
そして石井カントク

DSC06758.JPG

この日の為にスタッフで作成した英語版ハルボン・フライヤー
モチくん携帯クリーナーと共にラウンジ前にディスプレイ。

DSC06760.JPG

お土産はモチくんにちなんで、お餅プレート
ラウンジ内の軽食コーナーに置いてもらいました。
早速スタッフの皆さんには大好評!
このお餅、ハワイにある「関西大和」という地元でも好評のお餅専門店のモノです。

DSC06769.JPG

そんなハワイ第1日目は美しい夕日と共に暮れていきました。
早速夕日にカメラを構える石井カントク。

明日からのレポートもお楽しみに!

  • posted by *ken*

▲ top

« March 2013

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

NICE RAINBOW

visit our website!